かぜ薬の選び方

市販のかぜ薬は、感染したウイルスに直接効くのではなく、現在起きているかぜの症状を和らげる効果があります。かぜ薬でつらい症状を和らげている間に私たちが持っている回復力でかぜを治します。かぜの症状も様々なので、自分の症状を和らげてくれる成分が入っている薬を選びましょう。

写真:改源
総合感冒薬
解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、消炎酵素剤、鎮咳去痰薬(ちんがいきょたんやく)、カフェインなどの成分を配合。軽い風邪に使うのが一般的です。
解熱鎮痛剤
発熱や頭痛、のどの痛み、筋肉痛、関節痛などを和らげます。
鼻炎用薬
抗ヒスタミン剤を配合しており、鼻炎の主症状である「くしゃみ」、「鼻水」、「鼻づまり」を起こす「ヒスタミン」の作用を抑えます。
鎮咳去痰薬
鎮咳薬と去痰薬を配合。体力を消耗したり、睡眠を妨げるような激しい咳を鎮めるとともに、粘り気のある痰をサラサラにし、気道粘膜から離れやすくします。
含嗽(がんそう)薬(うがい薬)
殺菌消毒効果のある薬で、のどの痛みやいがらっぽさを改善します。
トローチ
口中でかまずにゆっくり溶かす薬で、殺菌消毒成分を配合し、のどの痛み・腫れなどに効きます。
漢方薬
葛根湯(かっこんとう)、小柴胡湯(しょうさいことう)、桂枝湯(けいしとう)、麻黄湯(まおうとう)などが有効です。